ラジメモ日経+第一

このブログは、ラジオ日経第一が好きすぎる管理人が運営しております。radikoとPodcastを駆使して聴きまくった番組の中から、管理人がオススメする、選りすぐりのワンフレーズをご紹介していきます。

ラジメモ日経+第一

避妊の薬にもリスクが!予防には水が効果的!尿路感染症の治療法と予防法をグアムの医師がラジオで解説!


スポンサーリンク

今日のおすすめポイント

  
f:id:buriburimaster2018:20190219074414g:plain:w250:left今日は、最近発見したおすすめ番組のひとつ、健康エブリデイ~心と体の10分サプリ~から耳寄り情報のご紹介です。

今回は、尿路感染症についてでした。普段あまり縁のない病気でしたが、いろんなところにリスクがある事を初めて知りました。特に女性は、殺精子剤の避妊薬でもそのリスクがあるのを聞いて驚きました。普段、なかなか相談しにくい事ですので、かかる前の予備知識としても、とても為になる情報でした。人生いつまでも勉強ですね!10分間の番組ですので、気軽に聞けちゃいます。番組登録オススメです!
  
  
  



  
~contents~

  
  
  

ラジオ本編メモ

  

開始アナウンス

  
健康エブリデイ~心と体の10分サプリ~。この番組は、セブンスデー・アドベンチストキリスト教会がお送りいたします。皆様お元気でしょうか。森田美恵です。今日も、あなたや、あなたの大切な人の、心と体の健康に役立つ情報を、短い10分間にぎゅっと詰め込んでお届けします。

セブンスデー・アドベンチストキリスト教会は、社会奉仕をモットーに、世界中で病院や学校も運営しています。日本でも、東京、神戸、沖縄の三ヶ所の病院を始め、福祉施設などの運営を通して、皆様の健康と、医療、福祉の発展に携わってまいりました。

なお、この番組は健康情報番組で、医師のアドバイスや治療に代わるものではありません。すでに投薬を受けている方、また、病院に通われている方は、かかりつけの医師の指導のもと、この番組の情報も参考になさってください。
  
  

尿路感染症ってなに?

  
あなたは、尿のトラブルで困っておられないでしょうか。トイレに頻繁に行かなくてはならなかったり、トイレで用を足す時、痛みを感じたり、そんなことはないでしょうか。私は、これからしばらく行けなくなるよってわかると、トイレ行きたくなるなーってなるんですけども、それは精神的なことですかね。今日は、そんな尿トラブルの要因になるトピック『尿路感染症(にょうろかんせんしょう)』です。今回は、アメリカのグアム島にある、アドベンチストグアムクリニックのアシスタント医師ティナーヘインリック先生のお話をお送りします。

  
◆ティナーヘインリック先生のお話

尿路感染症とは、血液を濾して排泄物を出す働きのある腎臓、それを腎臓から膀胱に運ぶ尿管、そしてその尿をためる膀胱、また、膀胱から尿を外に出す尿道のいずれかの場所で、バクテリアなどの細菌が入り込んで炎症を起こすことです。この炎症が、膀胱だけに止まる場合は膀胱炎といいます。そして、腎臓に炎症がある場合は腎炎といい、どちらも尿路感染症の一つです。膀胱炎は、特に一般的で、症状には、トイレに何度も行きたくなる頻尿や、排尿時に尿道が焼けるような痛みを感じたりするなどがあります。腎炎は膀胱炎に比べるとそれほど多くありませんが、同じような症状が現れることがあります。それに加え、腎炎の場合は熱が出たり、腰の痛み、吐き気や嘔吐が見られることもあります。

  
尿路感染症の場所は違っても、症状が似ているということあるんですね。そして、膀胱炎は比較的一般的で、腎炎はそれに比べると少ないということでした。腎炎は、膀胱炎の症状に加えて熱が出たりするようですから厄介ですね。
  
  

どんな人がかかりやすいの?

  
それでは、どのような人にリスクがあるのでしょうか。
  
◆ティナーヘインリック先生のお話

尿路感染症のリスクには、糖尿病の人、性行為を頻繁にしている人、尿路感染症を1年以内にしたことがある人、殺精子剤の避妊薬を使っている人、尿路結石などで尿管が詰まりやすい人などが挙げられます。

  
避妊の薬でも尿路感染症のリスクになるんですね。尿のトラブルというと、人には相談しにくい場合もあるかもしれません。まずは、こんなリスクがないか自分でチェックする必要がありますね。そして、リスクと症状がある方は、病院を受診された方が良いかもしれません。
  
  

どんな治療法があるの?

  
それでは、どのように治療するのでしょうか。引き続きヘインリック先生のお話です。
  
◆ティナーヘインリック先生のお話

尿路感染症の治療には、抗生物質の飲み薬を使うのが一般的です。抗生物質によって、バクテリアを除去します。そして、抗生物質は3日から7日間とることが必要になります。炎症が腎臓にまで行っている場合は、もう少し長く抗生物質を使います。この場合は、病院で治療することを勧めます。抗生物質を始めたその日から症状は良くなっていくはずです。薬を途中でやめると、同じことをぶり返すことになりますので、処方された抗生物質を全部使い切って下さい。

  
やっぱり菌を退治するということで、抗生物質が必要なんですね。一度、母が膀胱炎になったことがありましたけれども、やっぱり入院とかそういうことではなくて、お薬で治ったように記憶しています。
  
  

尿路感染症の予防策はあるの?

  
それでは、尿路感染症予防方法はあるのか、ヘインリック先生にお聞きしました。
  
◆ティナーヘインリック先生のお話

まず、お水をたくさん飲むことです。1日の必要水分量は、体重1 kg につき水30ミリリットルです。体重60 kg の人が1日に必要な水は、1800ml となりますので目安にして下さい。カフェインの入った炭酸飲料、コーヒー、お茶などは、飲むとかえって脱水になりますので避けてください。女性は、トイレで拭くときに、前から後ろに向かって拭くようにしてください。殺精子剤の避妊薬を避けるようにしてください。そして、性行為の後は、トイレで用を足すなど、尿道を流して清潔に保つことが大切です。

  
水の摂取は、様々な健康生活のためにメリットがあることや、病気の予防につながるということを、この番組でも何度か取り上げてきましたが、尿路感染症の予防にも、水をたくさん飲むことが効果的なんですね。そういえば、川などの水も流れている方が綺麗だと言いますよね。私たちの体も、お水をたくさん飲んで尿道を流すことで、バクテリアが尿路に居座って炎症を起こすことを予防する、ということなんだと思います。そして、尿路のバクテリアを洗い流すだけではなく、体の中の環境を整えるのに、水の摂取は色々な益をもたらしますので、水、日常生活に上手に、そして意識的に取り入れて、元気で、できれば病気にかかりにくい体を保っていければなと、今日の番組を送りしていて、改めて思いました。 寒い季節には、暑い季節に比べて水を飲む量が減ってしまう方も多いかもしれませんね。あなたは、水、毎日意識的に飲んでいますか?

今日の健康エブリデイ、いかがでしたか?番組に対するご感想や、ご希望のトピックなどお待ちしています。
  
  

番組プレゼントのアナウンス

  
さて最後に、プレゼントのお知らせです。今月は、抽選で20名の方に、三育フーズのごまクリームギフトセットをプレゼント。セサミンなどを豊富に含んだ、パンに塗って美味しい黒ゴマと白ゴマクリームのセットです。ご希望の方は、ご住所、お名前をご明記の上、郵便番号241-8501、セブンスデー・アドベンチスト教会、健康エブリデイの係までご応募ください。今月末の消印まで有効です。お待ちしています。

健康エブリデイ~心と体の10分サプリ~。この番組はセブンスデー・アドベンチストキリスト教会がお送りいたしました。明日も、あなたとお会いできることを楽しみにしています。それでは皆さん、Have a nice day!
  
  
  

オンデマンドで聞いてみる

  
◆radikoタイムフリーはこちら
radiko.jp


※1週間を過ぎると聴取できなくなります
※スマートフォンご利用の場合は専用アプリが必要です
  
  
◆ラジオ日経オンデマンドはこちら
www.radionikkei.jp

  
  

番組&パーソナリティ紹介

  

http://www.radionikkei.jp/kenkoeveryday/files/blog/1614/kenkoeveryday-title.png

  
【放送日時】

  



  
http://www.radionikkei.jp/personality/images/personality/moritamie2.jpg名 前:森田 美江(もりた みえ)
プロフィール:元セブンスデー・アドベンチスト教団専属アナウンサー。
三育学院短期大学・カレッジ卒業。
「光とともに」「AWR希望の声日本語放送」(国際短波放送)でDJ、アナウンスなどを担当。軽快で明るいトークが人気。結婚に伴い退職。退職後も各種イベントの司会やナレーションなどを担当。<ラジオ日経HPより引用>
  
  

番組プレゼントをネットショップで見てみる