ラジメモ日経+第一

このブログは、ラジオ日経第一が好きすぎる管理人が運営しております。radikoとPodcastを駆使して聴きまくった番組の中から、管理人がオススメする、選りすぐりのワンフレーズをご紹介していきます。

ラジメモ日経+第一

ツラい偏頭痛。その原因と治療法、効果のある食べ物まで、総合家庭医がラジオで詳しく解説!


スポンサーリンク

今日のおすすめポイント

  
f:id:buriburimaster2018:20190223160026j:plain:w400:left今日は、健康エブリデイ~心と体の10分サプリ~から耳寄り情報のご紹介です。

今回は、昨日に引き続き頭痛です。その中でも”偏頭痛”について紹介されていました。ひとことに偏頭痛といっても、その原因は様々のようです。食べ物や飲み物にも、偏頭痛を引き起こすものや和らげる効果のあるものなどがあるなんて知りませんでした。今日は特に内容の濃いものとなっています。
  
10分間の番組ですので、気軽に聞けちゃいます。番組登録オススメです!
  



  
~contents~

  
  
  

ラジオ本編メモ

  

開始アナウンス

  
健康エブリデイ~心と体の10分サプリ~。この番組は、セブンスデー・アドベンチストキリスト教会がお送りいたします。皆様お元気でしょうか。森田美恵です。今日も、あなたや、あなたの大切な人の、心と体の健康に役立つ情報を、短い10分間にぎゅっと詰め込んでお届けします。

なお、この番組は健康情報番組で、医師のアドバイスや治療に代わるものではありません。すでに投薬を受けている方、また、病院に通われている方は、かかりつけの医師の指導のもと、この番組の情報も参考になさってください。

こんな症状があれば要注意!偏頭痛の症状をチェックしてみよう!

  
さて、今日は何の日かご存知ですか?昨日の放送をお聴きくださった方は、既に申し上げたのでご存知ですね。実は、頭痛の日なんだそうです。昨日の放送では、頭痛には緊張性頭痛と偏頭痛があり、その緊張性頭痛についてお送りしました。今日は、もう一つの頭痛“偏頭痛”について以前お送りした番組の中から再びお送りします。

【昨日の放送分の記事を見てみる】www.nikkei-memo.com

早速ですが皆さんに質問です。こんな症状がある方いらっしゃいますか?①時々頭の片方が痛くなる。②頭痛に伴って光が眩しく感じたり、周りの音がガンガン響く。③頭痛とともに吐き気がする。ひとつでも当てはまった人は、偏頭痛の可能性があるかもしれません。


◆偏頭痛のチェック項目

チェック NO. 内 容
 
時々頭の片方が痛くなる。
 
頭痛に伴って光が眩しく感じたり、周りの音がガンガン響く。
 
頭痛とともに吐き気がする。

  
  

偏頭痛ってどんな病気?原因は?


まず、偏頭痛とはどんな頭痛で、何が原因なのか。アメリカのハワイ州オアフ島ストローブ部病院の総合家庭、アンディ飯塚先生にお聞きしました。
  
◆飯塚先生のお話

片頭痛とは、片頭痛、片方の頭痛とも漢字で書かれるように、頭の片側のみに発作的に発生し、脈打つような痛みや、嘔吐などの症状が伴います。軽度から激しい頭痛、臭覚、視覚の知覚の変化、吐き気といった症状が特徴的です。症状は、数時間から一日中持続する時があります。それと、羞明(しゅうめい)、強い光を受けた際に、不快感や目の痛みなどを生じたり、音声恐怖症といった症状もよく見られます。今のところ、医学的な原因ははっきりとわかっていません。行動によるもの、環境によるもの、電線によるもの、食物によるもの、化学作用によるもの、ホルモンによるものなど、色々な説があります。

  
ということで、頭の片方が痛くなって、ひどくなると吐き気や、感覚の変化などが生じるということです。リスナーの皆さんの中にも、ひどい偏頭痛で悩まされている方、おられるのではないでしょうか。
  
  

偏頭痛を引き起こす食べ物と、偏頭痛を予防してくれる食べ物。

  
実は、この片頭痛、原因はよく分かっていないということでしたが、食べ物によって引き起こされる可能性もあるそうです。東京衛生病院、健康教育課課長で栄養学博士の中本恵子先生は、頭痛を引き起こす食べ物、それから解消してくれる食べ物について、次のように教えてくれました。
  
◆中本先生のお話

偏頭痛を引き起こす食品は、たくさんあるとされています。食品の中に含まれる成分が、血管を広げたり、縮めたりして偏頭痛を起こします。実際に、アルコール類、ベーコンやソーセージ、チーズや柑橘系の果物、それから、スナック菓子やインスタント食品に含まれるうまみ調味料など、チョコレートやココアにも偏頭痛を起こす成分が含まれているとされています。逆に、偏頭痛の予防になる食べ物は、大豆製品、豆類、緑黄色野菜、穀類、ひじきやのりなどが挙げられ、片頭痛の予防に効果のある成分が含まれているとされています。また、コーヒーなどに含まれるカフェインは、摂りすぎると頭痛の元となりますので、取り過ぎには注意しましょう。

  

分 類
食べ物
偏頭痛を引き起こすもの アルコール類、ベーコン、ソーセージ、チーズ、柑橘系の果物、スナック菓子、インスタント食品に含まれるうまみ調味料、チョコレート、ココア、コーヒーなどに含まれるカフェインなど
偏頭痛を予防するもの 大豆製品、豆類、緑黄色野菜、穀類、ひじき、のりなど

  

偏頭痛の解決策は?薬はなにを使う事が多いの?

  
今日は、偏頭痛についてお送りしています。先ほど、偏頭痛の原因や改善につながる食べ物をご紹介しましたが、今度は、偏頭痛の解決策について、先ほどのハワイ州オアフ島ストローブ病院のアンディ飯塚先生は、次のように言っています。
  
◆飯塚先生のお話 

偏頭痛解決策としては、原因が分れば解決はもっと楽なのですが、大多数の場合、原因がわからないケースが多いので、頭痛が起きた時に症状を和らげる治療、薬を処方します。種類は色々とありますが、一番手軽なのは、非ステロイド系抗炎症薬ナプロキセンは、偏頭痛の発症の約1/3を食い止めるという研究結果があります。アセトアミノフェンは、低程度から、中程度の頭痛を持つ患者の半分以上に効果的であるという結果もあります。しかし、どんな薬も副作用の可能性があるので、先ほどの中本先生の話にもあるように、まず、食生活を見直してみることがベストかと思います。それでもダメな場合に、薬を使うと良いでしょう。他には。針治療も効果があると言われています。週に数回など、頻繁に頭痛が起きる場合には、予防のため、血圧降下薬を毎日飲むように処方することもあります。高血圧気味の方は、両方に効果をもたらします。偏頭痛持ちの方は、脳卒中のリスクは2~3倍高まる可能性があると言われているので、脳卒中への注意も必要です。やはり、生活習慣における対策が、とても大切になってきます。

  
なるほど。薬による対策も効果があるようですが、やはり、生活習慣に気をつけることが大事なんですね。日頃の生活の中で、中本先生が言われていた食べ物に気をつけて、偏頭痛を改善できたらいいですね。偏頭痛持ちの方の脳卒中のリスクは、2~ら3倍とのこと。放置しないで、改善に取り組まれることをお勧めします。私は偏頭痛、今のところないかなーと思っているのですが、予防のためにも気をつけたいと思いました。

今日、2月22日は頭痛の日。昨日と今日で、二つのタイプの頭痛についてお送りしました。あなたは頭痛、持っていますか?頭痛を感じておられる方、番組を参考にしていただいて、少しでも改善していただけたらと願っています。

今日の健康エブリでいかがでしたか番組に対するあなたからのご感想やご希望のトピックなどお待ちしています。

  

無料健康講座のご案内

  
さて、最後に健康講座のお知らせです。通信制の無料の健康講座“ニュースタート”をご希望の方にもれなくお送りいたします。ご希望の方は、ご住所、お名前そして健康講座希望とご明記のうえ、郵便番号241-8501セブンスデーアドベンチスト教会、健康エブリデイの係までお申し込みください。ウェブページからの受講も可能です。あなたのお申し込みをお待ちしています。
  
健康エブリデイ~心と体の10分サプリ~。この番組はセブンスデー・アドベンチストキリスト教会がお送りいたしました。明日も、あなたとお会いできることを楽しみにしています。それでは皆さん、Have a nice day!
  
  

オンデマンドで聞いてみる

  
◆radikoタイムフリーはこちら
radiko.jp
※1週間を過ぎると聴取できなくなります
※スマートフォンご利用の場合は専用アプリが必要です
  
  
◆ラジオ日経オンデマンドはこちら
www.radionikkei.jp
  
  

番組&パーソナリティ紹介

  

http://www.radionikkei.jp/kenkoeveryday/files/blog/1614/kenkoeveryday-title.png

  
【放送日時】

  



  
http://www.radionikkei.jp/personality/images/personality/moritamie2.jpg名 前:森田 美江(もりた みえ)
プロフィール:元セブンスデー・アドベンチスト教団専属アナウンサー。
三育学院短期大学・カレッジ卒業。
「光とともに」「AWR希望の声日本語放送」(国際短波放送)でDJ、アナウンスなどを担当。軽快で明るいトークが人気。結婚に伴い退職。退職後も各種イベントの司会やナレーションなどを担当。<ラジオ日経HPより引用>