ラジメモ日経+第一

このブログは、ラジオ日経第一が好きすぎる管理人が運営しております。radikoとPodcastを駆使して聴きまくった番組の中から、管理人がオススメする、選りすぐりのワンフレーズをご紹介していきます。

ラジメモ日経+第一

急性薬物中毒の対処法!日本中毒情報センターって知ってますか?もしもの時の対処法をアメリカの総合家庭医がラジオで解説!


スポンサーリンク

今日のおすすめポイント

  
f:id:buriburimaster2018:20190305142457j:plain:w400:leftみなさんは、日本中毒情報センターってご存知でしたか?
  
今回は、急性薬物中毒についてです。こう聞くと、コカインとかマリファナなどのドラッグを思い浮かべる人も多いと思いますが、身近なもので急性薬物中毒になってしまう事は、あまり知られていないのではないでしょうか。子供やお年寄りだけでなく、自分の不注意でなってしまう場合もある事ですので、しっかりと対象法を勉強しておいた方がいいと思いました。10分間の番組ですので、気軽に聞けちゃいます。番組登録オススメです!

  



  
~contents~

  
  

ラジオ本編メモ

  

急性薬物中毒って具体的にどうなるの?

  
あなたは、もし子供が親の処方薬や化学薬品など、毒性の高いものを飲み込んでしまった場合はどうされますか?もしその場にいれば、なんとか吐かせたり、対処できるかもしれませんが、いなかった場合を考えるとぞっとしますよね。また、その場に居合わせたとしても、実際には、どのように対処したらいいのでしょうか。
  
今日は、そんな時の対処法のトピックです。急性薬物中毒の対処と予防です。今回は、アメリカのグアム島にある、アドベンチストグアムクリニックの総合家庭マイケルロビンソン先生のお話をお送りします。
  
◆ロビンソン先生のお話

急性薬物中毒は、医薬品や洗剤、殺虫剤、塗料、あるいは農薬などの化学物質を飲んでしまう、吸い込んでしまう、あるいは皮膚から吸収してしまうことによって起こります。
もし口から入ると、内臓で問題を起こしますし、皮膚の場合は、皮膚が荒れたりただれたりすることがあります。また、目に入ると失明したりします。小さい子供をお持ちの方は、子供の手の届くところに、医薬品や洗剤などの化学薬品置かないか、すべて鍵をかけるなど、簡単に出ることができないようにすることを勧めます。
子供が歩けるようになると、さらに行動範囲が広がります。処方薬や、消毒薬、特にサプリメントなどは、ラムネやグミ状のものなど、子供にとって魅力的な形状のものが多いので、簡単に出ることができない場所にしまうことが大切です。また、最近は10代の思春期の子供でも、親の処方薬を意図的に内服したり、高齢になると、毎日の薬の量を間違えたりということがあります。

  
急性薬物中毒って、小さな子供に限らず、色々な年齢でリスクがあるんですね。
  

もし誤って飲んでしまったらどうしたらいい?

  
それでは、誤って化学薬品などを飲んでしまった時は、どのようにしたらいいのでしょうか?
  
◆ロビンソン先生のお話

これはとても深刻な問題なので、まず救急車を呼ぶことをお勧めします。
接触した薬物によって、対処の仕方が変わってくるので、すぐに中毒110番のような相談センターに連絡するといいでしょう。
病院に行く時は、必ず、どのような薬品を、いつごろ、どのくらい飲んだのかの情報があると、病院に着いてからの治療がスムーズに行きます。なので、薬物の入れ物などを、一緒に持って行くことを勧めます。なるべく早く医療機関で治療した方がいいので、自分で何とかしようとしないで、即病院に駆けつけてください。

  
自分で何とかしようとするのではなく、まず、専門家の助けを求めること、中毒110当番に連絡するということでしたが、これ、アメリカの話かなと思っていたら、日本で24時間電話を受け付けている、日本中毒情報センターっていうのがあるみたいですね。もしもの時のために、電話番号を携帯に入れておくといいかもしれません。
  

予防するにはどうしたらいいの?

  
急性薬物中毒も色々なケースがあるので、専門家の助けをできるだけ早く受けた方がいいということでしたが、では、予防法はあるのでしょうか?引き続きロビンソン先生のお話です。
  
◆ロビンソン先生のお話 

まず、子供が誤って摂取することがないように、洗剤や、化学薬品などを、子供の手の届かない安全な場所にしまうことです。
また、最近では、人や環境にやさしい、化学薬品を使ってない洗剤や、微生物の作用で無害な物質に分解される、生物分解性のものがたくさん出ていますので、そういったものを使うようにすれば、間違って皮膚についたり、目に入ったとしても、それほど深刻な問題になりません。
そして、使わなくなった処方薬は、自宅で処分するか、病院に持って行って、主治医に渡してください。また、薬箱の中で使ってないものや、古くなったものを処分しておく必要があります。その他に、高齢者が薬を飲んでいる場合は、家族の誰かが確認してあげるか、薬と量を間違えない工夫をしてあげることが大切です。

  
予防法。まず、誤って飲んだり触ったりできないようにしておく。当たり前ですが、これ、なかなか徹底できないんですよね。ちょっと取りやすいとこに置いちゃったりすることあります。そして、家で使う洗剤や殺虫剤なども、毒性が低かったり、生物分解性のものであれば、『あっ!』ってね、思いがけずこぼしたりかかったりした時も、体への害はそれほどひどくないということでしたね。
  
まあ、我が家は、子供がもうそれほどを小さくありませんので、そのためというわけではありませんが、最近は、私の家でも、いくつか自然に優しい洗剤などを使っています。というのも、肌荒れを気にしていまして、いつも使うものは、特に手肌に優しいと私は助かるなと思うんですよね。そして、薬の箱の中、そうですね、いくつか古いものや、もう使わないものもあると思います。整理しないといけないかなぁ。あなたのお宅は大丈夫ですか?
  
今日の健康エブリでいかがでしたか?番組に対するあなたからのご感想や、ご希望のトピックなどをお待ちしています。
  



  
◆公益財団法人日本中毒情報センター
ホームページ→http://www.j-poison-ic.or.jp/homepage.nsf
  
  

今月のプレゼントのご案内

  
●引用:福音社
https://www.fukuinsha.com/swfu/d/signs2019_03.jpgさて、最後にプレゼントのお知らせです。今月は、抽選で50名の方に、福音社発行の『サインズオブザタイムズ』をプレゼント。健康や、豊かなライフスタイルの情報が満載の月刊誌です。ご希望の方は、ご住所、お名前をご明記のうえ、郵便番号241-8501、セブンスデーアドベンチスト教会、健康エブリデイの係までご応募ください。今月末の消印まで有効です。お待ちしています。
  
健康エブリデイ~心と体の10分サプリ~。この番組はセブンスデー・アドベンチストキリスト教会がお送りいたしました。明日も、あなたとお会いできることを楽しみにしています。それでは皆さん、Have a nice day!
  

プレゼントをネットで探してみる

  
◆福音社サインズの定期購読
www.fukuinsha.com

  
  

オンデマンドで聞いてみる

  
◆radikoタイムフリーはこちら
radiko.jp
※1週間を過ぎると聴取できなくなります
※スマートフォンご利用の場合は専用アプリが必要です
  
  
◆ラジオ日経オンデマンドはこちら
www.radionikkei.jp

  

番組&パーソナリティ紹介

  

http://www.radionikkei.jp/kenkoeveryday/files/blog/1614/kenkoeveryday-title.png

【放送日時】

  



  
http://www.radionikkei.jp/personality/images/personality/moritamie2.jpg名 前:森田 美江(もりた みえ)
プロフィール:元セブンスデー・アドベンチスト教団専属アナウンサー。
三育学院短期大学・カレッジ卒業。
「光とともに」「AWR希望の声日本語放送」(国際短波放送)でDJ、アナウンスなどを担当。軽快で明るいトークが人気。結婚に伴い退職。退職後も各種イベントの司会やナレーションなどを担当。<ラジオ日経HPより引用>