ラジメモ日経+第一

このブログは、ラジオ日経第一が好きすぎる管理人が運営しております。radikoとPodcastを駆使して聴きまくった番組の中から、管理人がオススメする、選りすぐりのワンフレーズをご紹介していきます。

ラジメモ日経+第一

『三無い』に目を付けた!経営課題を自動化する㈱ライトアップ(6580)に注目!杉村先生がおすすめする銘柄紹介!


スポンサーリンク

今日のおすすめポイント

  
https://prtimes.jp/i/42366/4/resize/d42366-4-408797-0.png今回は、おなじみの杉村先生が、㈱ライトラップ(6580)を紹介されていましたのでシェアします。今は企業の事業継承の問題が取りざたされていますが、その中でも、業績、資金、人材に課題を持っている企業を対象にビジネスをされているそうです。今日も勉強になりました!杉村先生のトークもとても面白いです!是非本編も併せて聞いてみてください!







  
~contents~

  
  

ラジオ本編メモ

  

今日はズッコケた?㈱ライトアップってどんな会社?

  


https://www.writeup.jp/service/images/jmatch.png
ライトアップHPより引用

  
そういう中で、まぁ要するに、昨年の例えば6月上場したライトアップ(6580)ですね。これ、ここんところ2~3日急騰してるんですよ。今日も大幅安があったんですけれども、1,820円まで売り込まれて、引けは逆に急騰して終わってるんですね。非常にライトアップ(6580)強いでしょ。
  
はい。高いところで2,343円、これが1時20分過ぎぐらいにありました。引けは1,980円。
  
1980円?引け?えらいズッコケたじゃないですか。
  
はい、引けは1,980円。そうですね。ちょっとズッコケちゃいました。上ひげがちょっとね、出てる感じで。
  
まぁ、みんなそのIPO銘柄が安かったんですけど、ライトアップなんかでも、6月22日に、昨年ですよ、3,950円の高値があって、2月19日には、今年のですよ、844円まで売られた。下落率78.6%ですよ。 凄まじく急騰して、急落したっていう銘柄です。で、こういうのがここんとこちょっと戻ってたんですが、なんかここ2~3日ちょっと具合が悪いですね。今日はちょっとね、売り物がちですね。
  
はい。ライトアップ(6580)です。今日は3円高の1,980円で大引けでした。
  
まぁ、1,980円だったらね、面白いなと思うんですけどね。
僕は、ライトアップって言うのはちょっと面白いと思ってんですよ。っていうのはね、あのライトアップっていうくらいだから、よくあるじゃないですか、東京タワーのライトアップとかね。もみじ祭りなんかとか桜のライトアップとかね。ライトアップっていう、何にライトアップを当てるのかっていうと、これは、中小企業の相手にされなかったグループ。
  
あの、日本に中小企業っていうのは、350万社とか、400万社とか言われるわけですよね。まぁ大体、正確には360万社ぐらいだと思うんですよ。で、そのう内の4分の3は赤字なんですよ、赤字。で、赤字の会社っていうのは、実は誰も相手しないんです。で、4分の1の黒字の会社で、且つ後継者がいない。要するに授業基盤はしっかりしてる、顧客もある、そういう会社に対して、例えば日本M & Aセンターとかが、『会社を売りませんかとか?いい会社ありますけど後継者がいなくて、もう廃業しようかと言ってるんですよ』と、この会社買いませんかという、このM&Aのターゲットは、まあM&Aパートナーズとか、日本M & Aセンターがやるのは、その360万社の中小企業の中の、黒字で、その中で後継者のいない会社っていうのがターゲットなんですよ。
  
で、ライトアップはね、その4分の3の赤字の会社、売り上げがありません、従業員がおりません、そして金もありません、これで三無いっていうんですよ、三無い。そういう会社に、『売り上げを増やす手法としては、例えばネットを使ったらどうだ』とか、それから、従業員っていうのは、『優秀な従業員を集めるにはどうしたらいいか』とか、ね。『お金はどうやって調達するか』とか。まぁ、銀行から融資してもらうにしても、いろいろ手ヅルがいるがいるじゃないですか。そういう事を、ライトアップというのは、まあ、もちろん、その中小企業に対して、国とか地方自治体の支援策もあるわけですよ。そういう支援策は、『こういう補助金制度がありますよ』ということをアドバイスするのがライトアップなんです。だから、今まで陽が当たらなかったセクターに陽を当てようと。で、会社数はこっちが圧倒的に多いんですよ。
  
そうですね、4分の3っていう事でしたもんね。
  
  

イトーヨーカドーオーナーのお母さんも?『三無い』には魅力がある!

  


https://www.writeup.jp/service/images/etp.png
ライトアップHPより引用

  
だからやっぱり、この『三無い』っていうところに、私は非常に興味を覚えるんですよ、三無いね。だから、もう失う物はないんですよ、ね。
  
もともと持ってないんですもんね。笑。
  
ちょうど、たまたま最近読んでたですね、イトーヨーカドーのオーナーのお母さん、本名かどうかわかりませんが、とみえさんっていうんですよ、お母さん。お母さんはもちろん亡くなってるんだけど、お母さんが、イトーヨーカドーの創業者にですね、伊藤なんとかさんでしょ、創業者にいつもずっと言ってたのが、まぁ、北千住で商人の娘ですよね、お母さんね。そのお母さんが『お客さんは店に来ないもの』、来ない、だいたい来てくれないと、お客さんはね。それから『取引先は簡単には応じてくれない』、こういうのが売りたいんですけどって言っても応じてはくれない、ね。『銀行は貸してくれない』、ね、これが要するに、イトーヨーカドーのお母さんの三無いなんですよ。で、先ほどの中小企業の、赤字の会社の三無いは、『売り上げが立ちません』、ね、『従業員がおりません』、『金はありません』、というやつですよね。
  
三無いですね~。
  
三無いですよ。だから、三無いはね、それだけはっきり分ってればね、直しようがあるんですよ、ね、直せばいいんですよ。それを直すのを、どうやって直すかっていうところに、やっぱりプロのアドバイスをね、していくというところですからね。
  
  

経営過大を自動コンサルするJパワーが武器!

  

https://www.writeup.jp/recruit/images/recruit_ph01.jpg

  
これ、経営課題を自動コンサルするんですね。そのJエンジンというシステムを使って。
  
そうですよ。
  
自動コンサルする、ふぅ~ん、なんかコンサルティングってこうね、人がするっていう感じですけどもね。
  
いや、だからその、こういう仕事はね、やっぱりいいですよ。大里さんの身内にもいるじゃないですか、コンサルに詳しい人、こういう仕事をすればいいんですよ。
  
そうですね、ちょっと視点を変えるとね、いくらでもビジネスになるってことですね~。
  
そう。ここに行ったらどうですか?笑。
  
笑。これ、サイバーエージェント社のコンテンツ部門のメンバーが中心となって、2002年に最初設立されたんですね。
  
そう、最近ですよ。去年も異常な人気になったんですよ、3,950円まで行ったんですから、ね、で、その後、全然、誰もフォローしないから844円まで下がった、ね。それがいま、じりじり半分まで戻ったわけですよ。今日は、2,343円まで行って、1,980円って、行って来いみたいになっちゃってるわけですね。だけど、これ押し目買いでしょ。PERは20倍くらいですよ、これね。だから、1株利益は出てますしね。で、やっぱりほら、業態がいいでしょ、業態がいいっていうか、こう、無視されてきたわけですから。
  
いや、目のつけどころがものすごくいいなぁって思って、本当に。
  
思ったでしょ、ね。大里さんもやっぱりセンスが優れてるんですよ。ここでね。
  
あ、本当ですか!
  
そりゃ、いい線いってる。だって数がこっちが多いんですから。ただ、ほら、金が無い、人がいない、、、
  
いや、だからそこを、その自動化させることによって、コストをかけないで、いかにターンアラウンドさせるかっていう事ですもんね。
  
そうですね。

  

新規上場した企業は半年から8か月後に見直しすべし!

  

f:id:buriburimaster2018:20190309110654j:plain

  
だから、そういうシステムをね、売るというのは、例えば、この前上場してきたフロンティアなんとかっていう会社、なんとかじゃわかんない、フロンティアインターナショナル(7050)ね。
  
これは、要するに、アマゾンウェブサービスっていう、これの販売なんですよね。今度、13日に上場してくるサーバーワークス(4434)は、そのアマゾンウェブサービスのシステムを構築している会社なんですよ。まぁ、言ってみれば、フロンティアインターナショナルとサーバーワークスは、兄弟みたいな会社ですよね、資本関係はないんですけど。やってる事は一緒なんだけども、どっちがいいかっていう、システム構築しているところと、メンテナンスをやってるサーバーワークスの方がいいんじゃないかっていう事になるんですけどね。
  
それはともかくとして、やっぱり上場して、半年から8か月くらい経って、そこからもう一回調べなおすっていうのはあるんですよ。あの、要するにIPO銘柄っていうのはね。
  
  

オンデマンドで聞いてみる

  
◆radikoタイムフリーはこちら
radiko.jp
※1週間を過ぎると聴取できなくなります
※スマートフォンご利用の場合は専用アプリが必要です

◆Podcastはこちら

ザ・マネー

ザ・マネー

  • ラジオNIKKEI
  • 投資
  • ¥0
※聴取にはiTunesのインストールが必要です
※スマートフォンご利用の場合は専用アプリが必要です
  
  

番組&パーソナリティ紹介

 

http://market.radionikkei.jp/themoney/files/blog/603/themoney-title.jpg

【放送日時】

  



  
http://www.radionikkei.jp/personality/sugimura_tomio.jpg名 前:杉村 富雄(すぎむら とみお)
プロフィール:株式評論家。経済評論家の域を超えたスーパー・トークでお馴染み。リスナーの銘柄相談にも快刀乱麻で断を下す。個人投資家からの人気は絶大で、各メディア、講演会にひっぱりだこ。<ラジオ日経HPより引用>


●杉村富雄先生のホームページはこちら→杉村富生の兜町ワールドは経済や株式情報の解説を分かりやすく行っています。
●杉村富雄先生公式Twitterはこちら→#杉村富生 hashtag on Twitter
  
  
http://www.radionikkei.jp/personality/oosato_kiyo.jpg名 前:大里 希世(おおさと きよ)
プロフィール:成蹊大学卒。現在、早稲田大学大学院公共経営研究科に在籍中。 ラジオNIKKEIでは『ファイナンシャルBOX』『満員御礼!杉村商店』など人気番組のアシスタントを務めたほか、テレビ東京、日経CNBC、千葉テレビなどでキャスターを歴任。証券外務員資格1種を持つほか、千葉市学校教育推進計画懇話会委員なども。 趣味・特技は映画鑑賞、ゴルフ、スキューバダイビング、歌舞伎鑑賞、フラワーアレンジメント。<ラジオ日経HPより引用>


●大里希世さんのTwitteはこちら→大里希世 (@kiyo_osato) | Twitter
  
  

おすすめ書籍、セミナー情報などなど

□ラジオ日経セミナー情報はこちら
www.radionikkei.jp

  
□杉村先生はこちらでも解説されています
www.gogojungle.co.jp