ラジメモ日経+第一

このブログは、ラジオ日経第一が好きすぎる管理人が運営しております。radikoとPodcastを駆使して聴きまくった番組の中から、管理人がオススメする、選りすぐりのワンフレーズをご紹介していきます。

ラジメモ日経+第一

㈱イボキン(5699)は日本の静脈産業!社名はちょっと気になるが、需要はたっぷり!事業内容はしっかり!杉村先生がおすすめする銘柄紹介!


スポンサーリンク

今日のおすすめポイント

  
https://www.ibokin.co.jp/img/ibokin/img03.jpg今回は、おなじみの杉村先生が、㈱イボキン(5699)を紹介されていましたのでシェアします。イボキンは、兵庫県たつの市揖保川町で解体業をされている会社です。杉村先生はかなりお気に入りです。実は、前週も㈱イボキンの話題が出てました。2週連続でご紹介されているからには、きっと何かあるハズ!!今日も勉強になりました!杉村先生のトークもとても面白いです!是非本編も併せて聞いてみてください!





  
~contents~

  
  

ラジオ本編メモ

  

三木露風の聖地で杉村さん大注目!

  


https://www.ibokin.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2018/06/slider02.jpg
㈱イボキンHPより引用

  
それはともかくとして、やっぱり上場して、半年から8か月くらい経って、そこからもう一回調べなおすっていうのはあるんですよ。あの、要するにIPO銘柄っていうのはね。
  
だから、㈱イボキン(5699)なんかでも、昨年、10月4日に3,020円の高値をつけて、12月26日に1,398円まで売り込まれたと、半値以下になったんですよ、下落率53.7%です。そこから、じりじり戻って、これ、なかなか戻りきれないんですよ。で、戻りきれないっていうのはですね、売り物が多いっていうのと、やっぱり、社名だと思うんですよね~。イボキンじゃ、なんかね~、こう、好意的に受け止めてくれないんですよ~。
  
そうですか?2,000円台まで戻ってきてますよね。
  
そう。これ、揖保乃糸なんだから。兵庫県たつの市揖保川町にあるんですよ。
  
はい、会社がある場所がね、そうですよね。
  
だから、揖保乃糸なんですよ、これ。たつの市の名産は揖保乃糸だもん、ね。それで、たつの市といえば、知ってますか?三木露風の聖地ですよ~。赤とんぼですよ~。
  
あ~、当番組でおなじみの~。
  
そうそうそう。赤とんぼ『十五で姉やは嫁に行き~』ってとこですよ。そこに本社があるんです。
  
  

㈱イボキン、名前は気になるが。。。

  


https://www.ibokin.co.jp/img/dissolution/main.jpg
㈱イボキンHPより引用

  
で、揖保川金属って言ってたんですよ。それを、イボキンに変えた、その安直さが今災いをもたらしてるわけですよ、ね。まぁいいんですけど。だけど、産業廃棄物処理だとか、リサイクルとか、ビルの解体等では、もう圧倒的に力を持ってるんですよ、この会社は。だから、非常に有望なんですね。イボキンって言うんだから、笑。
  
どうも、社名がちょっと気になるようでございますが、、、笑。
  
気になる人が多いんですよ、これがね~。だから、何とかね。例えば、オイシックス・ラ・大地っていうとね、なんかおいしそうじゃないですか。カット野菜のね。オイシックス・ラ・大地だってね。大地にしっかり根生えてるっていうかね。そうすると、なんか株価上がりそうですよね。
  
でもね、やってる業務内容はしっかりしてますし、マーケットはね、これから大きいですからね。
  
  

建物の解体はお金がかかる!日本の静脈産業!

  

https://www.ibokin.co.jp/img/metal/main2.jpg

  
だけどね、とりあえず3,020円から下げてるわけですから、2,000円を奪回してきましたから。将来的には、3,020円を奪回してもいいんじゃないんですか。やっぱり、解体っていう仕事はね、壊せばいいもんじゃないんですよ。アメリカなんかは、爆弾をどっかーんで壊すじゃないですか、ビルなんかは。あれ、どうするんでしょうかね。日本の場合は、コンクリだとか、泥だとか、鉄だ、板だとかをきれいに分別していくんですよ。だから、ビルの解体なんかは、大体1棟で3億円とかするんですよ。
  
お金かかるんですね、壊すのにもね。
  
普通の家でもね、基礎工事をきちっとしているような、コンクリートを固めたような家だとね、300万くらいしますよ、普通の家で。だから、解体っていうのはお金かかるんですよ。建てるのはもちろんお金かかりますよ。だけど、解体はやっぱり大変なんですよ。分別処理が必要だし、リサイクルの範疇に入ってきますしね。それがやれるのは、ミダックとか、要工業とか、イボキンなんですよ。これは、これからのですね、ある意味の静脈産業ですよね。動脈だけでは人間生きられないんだから。
  
静脈も必要ですよ~。
  
静脈が必要ですよ。というところで、ちょうど昨年の8月上場からね、6か月、6か月経つとみんな研究するんですよ、外国人とかね。だから、これからが面白くなるんじゃないかと思ってるんです。ここのところは伸び悩んでますけどね、いずれまた上がってくると思います。
  
  

オンデマンドで聞いてみる

  
◆radikoタイムフリーはこちら
radiko.jp
※1週間を過ぎると聴取できなくなります
※スマートフォンご利用の場合は専用アプリが必要です

◆Podcastはこちら

ザ・マネー

ザ・マネー

  • ラジオNIKKEI
  • 投資
  • ¥0
※聴取にはiTunesのインストールが必要です
※スマートフォンご利用の場合は専用アプリが必要です
  
  

番組&パーソナリティ紹介

 

http://market.radionikkei.jp/themoney/files/blog/603/themoney-title.jpg

【放送日時】

  



  
http://www.radionikkei.jp/personality/sugimura_tomio.jpg名 前:杉村 富雄(すぎむら とみお)
プロフィール:株式評論家。経済評論家の域を超えたスーパー・トークでお馴染み。リスナーの銘柄相談にも快刀乱麻で断を下す。個人投資家からの人気は絶大で、各メディア、講演会にひっぱりだこ。<ラジオ日経HPより引用>


●杉村富雄先生のホームページはこちら→杉村富生の兜町ワールドは経済や株式情報の解説を分かりやすく行っています。
●杉村富雄先生公式Twitterはこちら→#杉村富生 hashtag on Twitter
  
  
http://www.radionikkei.jp/personality/oosato_kiyo.jpg名 前:大里 希世(おおさと きよ)
プロフィール:成蹊大学卒。現在、早稲田大学大学院公共経営研究科に在籍中。 ラジオNIKKEIでは『ファイナンシャルBOX』『満員御礼!杉村商店』など人気番組のアシスタントを務めたほか、テレビ東京、日経CNBC、千葉テレビなどでキャスターを歴任。証券外務員資格1種を持つほか、千葉市学校教育推進計画懇話会委員なども。 趣味・特技は映画鑑賞、ゴルフ、スキューバダイビング、歌舞伎鑑賞、フラワーアレンジメント。<ラジオ日経HPより引用>


●大里希世さんのTwitteはこちら→大里希世 (@kiyo_osato) | Twitter
  
  

おすすめ書籍、セミナー情報などなど

□ラジオ日経セミナー情報はこちら
www.radionikkei.jp

  
□杉村先生はこちらでも解説されています
www.gogojungle.co.jp