ラジメモ日経+第一

このブログは、ラジオ日経第一が好きすぎる管理人が運営しております。radikoとPodcastを駆使して聴きまくった番組の中から、管理人がオススメする、選りすぐりのワンフレーズをご紹介していきます。

ラジメモ日経+第一

協和発酵キリン株式会社(6866)に注目!割高になったバイオ関連株の中でもまだイケるかも!


スポンサーリンク

今日のおすすめポイント

  
https://www.kyowa-kirin.co.jp/images/bg_top02.jpg今日は、毎週欠かさず聞いているマーケット・アナライズ・マンデーから銘柄情報のご紹介です。

今回は、鈴木一之さんが、協和発酵キリン株式会社(4151)を紹介されていました。最近大いに盛り上がっているバイオ関連銘柄ですが、この銘柄はまだ手が出そうです。その理由を簡潔に解説されていますので、銘柄選びで苦労されている方、専門家の意見も聞きたいという方は参考にしてみてはいかがでしょうか。
  
  

ラジオ本編メモ

   

協和発酵キリン株式会社(4151)に注目!

  
  

https://www.kyowa-kirin.co.jp/share/images/txt_header01.gif

  
  
鈴木さんの注目企業のコーナーです。今日はどちらでしょうか?
  
はい。ディフェンシブ系の話が出ましたので、協和発酵キリン(4151)でありますが、あの、日本人の三大死因と言われてるのが、がん、脳卒中、心臓病と言われてますが、でも、今やそれに止まらずに、認知症と、もう一つに糖尿病がある。生活習慣病として、非常に大きな問題になってるんですよね。特に糖尿病は、それの合併症で、その先にも腎臓病、腎不全というものが控えていますので、ここを注意しなくちゃいけない。
  
今、株式市場は、アメリカも日本も、このバイオ関連株でずっとフィーバーを続けてます。今、制癌剤、まぁがんの薬、治療薬でマーケットはにぎわっているところですが、この糖尿病、あるいは腎臓薬というところに、そろそろ目線を向けた方がいいんじゃないかなと。
  
すでに、株式市場では、中外製薬とかですね、あのJCRファーマとか、腎臓病治療薬の薬の会社は、どんどんどんどん株が大変な勢いで上がっている最中でして、この協和発酵キリンは、数ある関連銘柄の中でも、まだそれほど割高ではない。業績はすこぶる好調という事ですよね。
  
https://www.kyowa-kirin.co.jp/images/bg_top03.jpg時価総額1兆2,000億円。それから、子会社を連結対象から外した影響で、今期は減益になるんですが、基本的にはこれ特殊要因だという風に見た方がいいですね。売上高はだいたい3,000億円くらい。経常利益が500億円くらい。それに対して、時価総額1兆2,000億円ですから、割高といえば割高なんですけども、他のバイオ株や薬品株は、みんな5倍くらいまで行ってますんで、まぁ2倍くらい、経常の2倍くらいの時価総額なら、まだ十分いいんじゃないかと思います。
  
協和発酵キリンの重点分野は、腎臓病、がん、それからアトピーなんかのアレルギー、それからパーキンソン病なんかの中枢神経の神経薬、この4つに絞り込んでいますので、まぁこれから、注目しておいた方がいいんじゃないかなと思いました。
  
やはりあの、協和発酵キリンですと、サプリメントなんかもね、いろいろありますよね。
  
そうです。キリングループなんかは、キリンがもうライフサイエンスの方にどんどんとシフトしてますからね。
  
はい。ますますニーズの高まってくる会社なのかもしれません。
  
  

オンデマンドで聞いてみる

  
◆radikoタイムフリーはこちら
radiko.jp
※1週間を過ぎると聴取できなくなります
※スマートフォンご利用の場合は専用アプリが必要です
  
◆ラジオ日経オンデマンドはこちら
www.radionikkei.jp
  
  

番組&パーソナリティ紹介

  


http://market.radionikkei.jp/market_analyze/files/blog/653/market_analyze-title4.png

  
【放送日時】

  



  
http://www.radionikkei.jp/personality/images/personality/okazakiryosuke.jpg名 前:岡崎 良介(おかざき りょうすけ)
プロフィール:
岡崎良介。1983年慶応大学経済学部卒、伊藤忠商事に入社後、米国勤務を経て87年野村投信(現・野村アセットマネジメント)入社、ファンドマネジャーとなる。93年バンカーストラスト信託銀行(現・ドイチェ・アセットマネジメント)入社、運用担当常務として年金・投信・ヘッジファンドなどの運用に長く携わる。2004年フィスコ・アセットマネジメント(現・アストマックス投信投資顧問)の設立に運用担当最高責任者(CIO)として参画。2012年、独立し現職。<岡崎良介オフィシャルサイトより引用>


●岡崎良介オフィシャルサイトはこちら→http://www.okazaki-ryosuke.com/

●岡崎良介公式Twitterはこちら→https://twitter.com/okazaki_ryosuke

  
  
http://www.radionikkei.jp/personality/images/personality/photo0078.jpg名 前:鈴木 一之(すずき かずゆき)
プロフィール:独立系株式アナリスト
大手証券会社勤務を経て、2000年に独立。主に日本株全般の分析を担当。景気動向に沿って変動する景気敏感株を主軸として、成長株、バリュー株まで幅広くカバーする。趣味は読書。ロシア、ドイツの古典文学作品を愛する。<鈴木一之の株式投資セミナーより引用>


●鈴木一之さんの公式ブログはこちら→https://suzukazu.com/
●鈴木一之さんの公式Twitteはこちら→https://twitter.com/suzukazu_tokyo

  
  
http://www.radionikkei.jp/personality/images/personality/erikomatsuo.jpg名 前:松尾 英里子(まつお えりこ)
プロフィール:早稲田大学 商学部 卒業
日本テレビアナウンサー(2006~2012年)
2012年4月~2013年11月 ワシントンD.C.にて生活
2014年6月よりフリー<株式会社三桂より引用>


●松尾英里子さんの公式ブログはこちら→https://ameblo.jp/matsuo-eriko/
●松尾英里子さんの公式Twitteはこちら→https://twitter.com/matsuo_eriko?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor
  
  

おすすめ書籍、セミナー情報などなど

  
●ラジオ日経セミナー情報はこちら
  
www.radionikkei.jp
  
●岡崎良介さんのセミナー情報ほか
  
www.yutaka24.jp
  
www.twellv.co.jp