ラジメモ日経+第一

このブログは、ラジオ日経第一が好きすぎる管理人が運営しております。radikoとPodcastを駆使して聴きまくった番組の中から、管理人がオススメする、選りすぐりのワンフレーズをご紹介していきます。

ラジメモ日経+第一

STADIA発表(Google)の画像で分析!正式発表されていないパートナー企業を探せ!杉村さんがその手法をラジオで解説!


スポンサーリンク

今日のおすすめポイント

  


https://www.google.com/images/branding/googlelogo/1x/googlelogo_color_272x92dp.png

  
今日は、視界良好!杉村商店より、Googleの動画配信、ゲーム市場参入のニュースから読み解く、今後の期待銘柄のご紹介です。
  
今回は、コメンテーターの杉村さんが、『こんなところまで見るのか!』という、あっと驚くテクニックを交えてご紹介されていました。
すでに杉村さんは、2銘柄にまで的を絞っておられるようですが、この日の番組はとても勉強になりました。
  
ラジオのトークをそのまま記事にすると、わかりにくいところもあるかと思いますので、すべて要約して書いています。ご了承ください。気になる方は本編も併せてご視聴ください。(画像はGoogleHPより引用)
  
  
  

  

  
  
  

ラジオ本編メモ

   

Googleの動画配信と業界の関連銘柄

  
動画配信については、他にも参入している企業は多くあります。
例えば、Netflix(ネットリックス)、Amazonドットコム、Walt Disney(ウォルトディズニー)があり、今後、Apple(アップル)も参入します。
  
また、動画配信に関連するものとしては、プラットフォームに関する銘柄と、コンテンツ配信(動画配信)に関する銘柄に分けられます。
  
まず、プラットフォームに関連する銘柄としては、なんといっても、Googleとすでに提携している、CRI・ミドルウェア(3698)ですよね。
  
次に、コンテンツ配信に関連する銘柄として、シリコンスタジオ(3907)とか、AppBank(アパバンク)(6177)アライドアーキテクツ(6081)なんかがあります。
  
特に、アライドアーキテクツ(6081)は、現在非常に面白い銘柄です。
なぜこの会社が面白いかというと、子会社でCreadits(クレディッツ)という会社がシンガポールにあります。そこが最近、Google社の新たなプログラムである、『YouTube creative partner』の初期のパートナーに選ばれたという事で、今度Googleと提携したんです。
  



  
◆アライドアーキテクツニュースリリース→アライドアーキテクツ子会社のCreadits(クレディッツ)、Google社の新たなプログラム「YouTube creative partner」の初期パートナーに選定 | アライドアーキテクツ株式会社
  
◆企業名のリンクをクリックするとみんなの株式の銘柄情報ページにジャンプします
  
  

Googleゲーム市場参入とフィルハリソン副社長の経歴

  
Googleのゲーム市場参入については、先日、ゲームストリーミングプラットフォームのSTADIA(スタディア)が発表されました。
当日の発表は、フィルハリソン副社長が担当したんですが、その副社長の経歴について調べました。

フィルハリソン副社長は、Googleの前にSONY(ソニー)で働いていたようです。
その前には、Xbox(エックスボックス)を作っていたMicrosoft(マイクロソフト)でも働いていたようで、ゲームの事を知り尽くした方のようです。
  
Googleが発表したSTADIA同じようなクラウド型のゲーム配信というのを、実はSONYも手掛けていたようです。
しかし、SONYはプレイステーションに代表されるような、据え置き型にシフトしているので、あまり表に出てこなかったのかもしれません。
  
これは憶測ですが、SONYのクラウド型ゲーム配信は、フィルハリソン副社長が手掛けていたのではないでしょうか。
  
  

こんなところにもヒントがある!記者発表の写真を拡大せよ!

  
STADIAは、ゲームストリーミングプラットフォームの事です。
次に手がけなければならないのが、ゲームソフトの開発ですが、実は、発表前にパートナー企業を募ったらしいのです。その時に応募があった企業は、100社あったとの事ですが、どの企業から応募があったのかは公表されていないんです。
  
公表されず、分らないのであれば、推測するしかないですよね。
そこで、先日開かれた、フィルハリソン副社長によるSTADIAの発表を確認したところ、気になる写真がありました。みなさんにお見せできないのが残念ですが、その写真を拡大すると、色々なヒントが隠されていました。
  
写真は、フィルハリソン副社長が、協賛企業のロゴが入った大きな画面を背にして説明するシーンなんですが、そのボードが良く見えるように写真を拡大すると、シリコンスタジオや、CRI・ミドルウェアなどのロゴが入っていました。
  
こういう細かいところを探してみるのも、新たな成長銘柄を見つけるヒントになるかもしれません。
皆さんも、是非試してみてください。
  



  
◆番組で紹介された発表の写真はおそらくコレ
https://www.pcgamesn.com/wp-content/uploads/2019/03/Google-Stadia-partners.jpg
PCGamesNより引用

  
  
  
  

  

  
  
  

番組、その他情報

  
◆番組について

  
◆radikoタイムフリーで聞いてみる→こちら

  • 1週間を過ぎると聴取できなくなります
  • スマートフォンご利用の場合は専用アプリが必要です

  
◆ラジオ日経オンデマンドで聞いてみる→こちら

  • ラジオ日経番組ホームページで公開されています

  
◆コメンテーター紹介
  
http://www.radionikkei.jp/personality/sugimura_tomio.jpg名 前:杉村 富雄(すぎむら とみお)
プロフィール:株式評論家。経済評論家の域を超えたスーパー・トークでお馴染み。リスナーの銘柄相談にも快刀乱麻で断を下す。個人投資家からの人気は絶大で、各メディア、講演会にひっぱりだこ。<ラジオ日経HPより引用>


●杉村富雄先生のホームページはこちら→杉村富生の兜町ワールドは経済や株式情報の解説を分かりやすく行っています。
●杉村富雄先生公式Twitterはこちら→#杉村富生 hashtag on Twitter